GLP-1経口薬リベルサスでメディカルダイエット

カウンセリング予約

リベルサス

3mg(1錠)
¥600(税込¥660)
3mg(30錠)
¥13,000(税込¥14,300)

WHAT IS

GLP-1(痩せホルモン)とは

GLP-1(痩せホルモン)とは

GLP-1ホルモンは、インスリンの分泌を促す働きを持ったホルモンの1つで、食事を摂取して食べ物が小腸に流れてきたことを感知して、食べ過ぎを抑制する役割があります。
こうしたインスリンの分泌を調節する消化管ホルモンを総称して「インクレチン」といいますが、インクレチンの特徴として、血糖が高くなったときだけインスリン分泌を促し、逆に血糖が低くなると血糖が 下がりすぎないように調節してくれる作用を持っています。

さらに、GLP-1ホルモンには、胃酸分泌や腸の働きを低下させる効果もあり、食べ物の消化に時間がかかることで、お腹が満腹な状態が長く続き、食欲を低下させる効果もあります。

GLP-1ホルモンの分泌量には個人差があり、分泌量が多い人は
痩せやすく、少ない人は太りやすい体質と言えます。

RYBELSUS

GLP-1経口薬リベルサス

海外でGLP-1製剤はアメリカ・ヨーロッパでは肥満治療薬として
承認されて広く治療に使われており、効果が認められています。

リベルサスとは、世界初のGLP-1経口薬で日本において2型糖尿病治療薬として承認を受け保険適応になっており、複次的に体重減少の効果が認められていますが、残念ながら肥満治療としての承認はされていないことから2型糖尿病以外の方への処方は自費診療の扱いとなります。
リベルサスに含まれるGLP-1がインスリンの分泌を促進し、血糖値をコントロールすることで食欲を抑えます。
また、食べ物の消化に時間がかかることで、空腹感を感じない時間が長くなり、食べ過ぎや間食が欲しくなるといった食欲を低下させる効果があるので、自然と無理なく徐々に痩せていくことが可能です。

ですが、リベルサスは国内で認証されている医薬品で安全性の高いものであるとはいえ、嘔吐、吐き気、下痢、胸やけといった胃腸障害といった副作用がでることもありますし、服用の仕方を間違うと効果が薄れてしまうので服用方法・用量を守るようにしてください。

リベルサスの副作用

  • 胃腸障害(嘔吐、吐き気、下痢、胸やけ)
  • 倦怠感
  • 食欲不振
  • 頭痛 など

FEATURE

リベルサスのGLP-1ダイエットの特徴

  • リベルサスのGLP-1ダイエットの特徴01

    無理な運動・食事制限等のストレスがない

    ダイエットというと多くの方は運動や食事制限をイメージされるかと思いますが、結局精神的ストレスや体への負担が大きくなって長続きせずに断念してしまっていませんか?
    リベルサスによるGLP-1ダイエットなら、1日1回の内服で自然に食欲が抑えられますので、無理なくダイエットが続けられます。

  • リベルサスのGLP-1ダイエットの特徴02

    痛みもなく簡単で手軽!自宅で治療が行える

    GLP-1ホルモンによるメディカルダイエットには、サクセンダもありますがペン型の細い注射が必要でした。
    リベルサスは1日1回最初の食事を摂る少なくとも30分前の空腹時に服用するだけですので、痛みもなく自宅で簡単にメディカルダイエットが行えます。

  • リベルサスのGLP-1ダイエットの特徴03

    1日1回の服用で長く効く

    体内のホルモンであるGLP-1は、すぐに分解されるため効果は短時間ですが、GLP-1受容体作動薬であるリベルサスは、GLP-1の機能を保ちながら体内で分解されにくく改良されて開発された薬のため、1日1回の服用で長く効きます。

リベルサスは
こんな方におすすめ

  • ダイエットが長続きしない
  • ダイエットしても、すぐにリバウンドしてしまう
  • 食事制限のダイエットは、ストレスで続かない
  • 運動が苦手で、継続して続けることができない
  • 注射を自分でするのが怖い
  • 傷跡の残るような施術はしたくない
  • 食欲を自然に抑制させたい

リベルサスの
服用方法について

  • リベルサスは、1日の最初の飲食をする前の空腹時に服用する必要がありますので、 起床時がおすすめです。
  • コップ約半分の水(約120ml以下)とともに服用してください。
    お茶やコーヒー、服薬ゼリーでの服用は避けて水で飲むようにしましょう。
  • 服用後、少なくとも服用後30分は飲食や他のお薬を服用しないでください。
  • 錠剤を割ったり、砕いたり、噛んだりせずに、そのまま飲み込んでください。
無料カウンセリング予約
お問い合わせ

PRICE

リベルサスの料金

3mg(1錠)

¥600(税込 ¥660)

3mg(30錠)

¥13,000(税込 ¥14,300)

7mg(30錠)

¥23,000(税込 ¥25,300)

14mg(30錠)

¥35,000(税込 ¥38,500)

無料カウンセリング予約
お問い合わせ

QUESTION

リベルサスに関する
よくあるご質問

リベルサスは、保険適用で処方してもらえますか?

リベルサスは2型糖尿病に対してのみ保険が適用されます。
それ以外の肥満治療やダイエット目的では保険が適用されませんので、自費での料金になります。

リベルサスを服用できない人はありますか?

クリニーク福岡天神では、妊娠中または妊娠の可能性がある方のほか、未成年の方、糖尿病の方、重度の胃腸障害のある方、膵臓疾患や甲状腺疾患の既往の方、低血糖を起こす可能性が高い状態の方などには処方をお断りする事がございます。

毎日同じ時間に飲まないとだめですか?

多少服用する時間が変わっても構いませんが、必ず胃の中が空っぽの状態で服用する必要があります。
もしも、飲み忘れたり、服用前に飲食をしてしまった場合は、その日は服用しないで次の日にしてください。

シートが破れていたり、割れてしまった錠剤をそのまま服用しても大丈夫ですか?

リベルサスは、湿気や光に弱い錠剤ですので、シートが破れたまま保管されていると湿気や光の影響で本来の効果が得られない可能性があります。
シートに正しく入っている新しい錠剤を服用してください。

効果があまり無い気がするので2錠飲んでも大丈夫ですか?

自己判断で複数錠を1度に服用しないでください。
胃でのタンパク質分解から保護し、消化管からの吸収を促進ための成分がリベルサスに配合されていますが、2錠服用してしまうと吸収効率が変化してしまうため、医師の指示が無い場合は1回に1錠の服用を守ってください。

リベルサスの効果はいつから現れますか?

最初の1ヶ月は3mgで副作用などがでないか慎重に服用していきますが、目に見えた効果がを感じる方は少なく、2ヶ月目で7mgに増量したあたりで食欲が抑えられて実感される方が多くなってきます。

リベルサスを飲んでいても痩せないのですが?

効果には個人差がありますが、まずは服用方法を間違っていないか見直してください。
起床時に空腹の状態で、少量の水で服用し、少なくとも30分、できれば1時間程度は何も飲食しない絶食時間を設けてください。
無料カウンセリング予約
お問い合わせ

pagetop