触ると痛い、臭いが気になる、そんなしこりは粉瘤かもしれません。保険適応で安心の、傷跡が目立ちにくく手軽な日帰り手術での治療をご提案いたします。

Atheroma粉瘤(アテローム)とは

粉瘤発生箇所イメージの画像

粉瘤(アテローム)とは皮膚上にできるしこりの一種で、皮膚の一部に袋状の構造物ができ、そこへ皮膚から剥がれ落ちるはずの垢や皮脂などの老廃物が溜まりこんでしまうことが原因で発生します。表皮にできる腫瘍なので身体中のどこにでもできますが、主に顔や背中、首、耳たぶなどに多く見られます。時間の経過とともに徐々に大きくなり、自然に治癒することはほとんどありません。

腫瘍の中心に黒っぽい開口部があり、強く押し出すと臭いがきつい粘り気のある物質が出てくることもありますが、袋を取り除かなければ再び老廃物が溜まって再発し、完治させることは困難です。このためできるだけ早いうちにクリニックで治療を受けることをおすすめします。

粉瘤治療の特長

  • くり抜き法による日帰り手術が可能

    くり抜き法(へそ抜き法)とは、円筒状のメスを粉瘤の開口部中心に刺し込み穴を開け、その開いた穴から表皮とともに袋状の構造物に溜まり込んでいる老廃物を押し出しながら袋と一緒にくり抜く治療方法です。部位や大きさにもよりますが、特に赤みや痛みが伴っていない状態であれば短時間で終わるため、日帰りでの手術が可能です。施術中は局所麻酔を行うため、痛みに不安がある方でも安心して受けていただけます。

    麻酔対応の画像
  • 手術跡が目立ちにくく保険適応で安心

    通常の切除法では腫瘍ができている皮膚をメスで切り、摘出したのちに傷を縫合しますが、くり抜き法は1~4mm程度の小さい穴を開けて施術を行うため、傷跡は目立ちにくく最終的にはニキビ跡くらいのへこみが残る程度がほとんどです。クリニーク福岡天神ではくり抜き法を基本とした保険診療・当日施術を行っております。

    保険適応で安心の画像

くり抜き法治療の流れ

  • 診断

    まずは診察を行い、くり抜き法での手術が可能かどうかを判断します。 サイズが大きいものや皮膚が分厚い部分にできているとくり抜き法での施術が適応できない場合があり、その際には通常の切除法をご提案します。

    診断
  • 麻酔

    施術部にマーキングをし、局所麻酔を行います。痛みに不安のある方でも安心して施術を受けていただけます。

    麻酔
  • 開孔

    円筒状のメスを粉瘤の開口部中心に刺し込み、1~4mm程度の小さな穴を開けます。

    開孔
  • 内容物取り出し

    粉瘤の中に溜まり込んでいる垢や皮脂などの老廃物を取り出します。圧迫やピンセットなどの器具を使用しながら丁寧に取り残しがないよう内容物を取り出していきます。

    内容物取り出し
  • 縫合

    粉瘤の中に内容物の取り残しがないか入念に確認をし、傷口を縫合して手術を終了します。

    縫合

こんな方におすすめ

  • しこりや臭いが気になる
  • 日帰りで受けられる手術が良い
  • 傷跡を目立たせたくない
  • 手術の際の痛みが不安
  • 安価な保険適応で治療したい
  • ダウンタイムが不安

施術について

施術時間
約5分~20分
施術前の準備
なし
痛み
局所麻酔を行うため痛みはほぼ感じません。(麻酔注射の際に少し痛みを伴う場合あり)
ダウンタイム
なし(当日は飲酒をお控えください)
入浴
翌日から可能

Price粉瘤(アテローム)の価格・料金表

部位 施術プラン 料金
非露出部(半袖、半ズボンで隠れる位置) 径3cm未満 3割負担の方 ¥3,840-
径3~6cm未満 3割負担の方 ¥9,690-
径6cm以上 3割負担の方 ¥12,480-
露出部(半袖、半ズボンでも外にでる位置) 径2cm未満 3割負担の方 ¥4,980-
径2~4cm未満 3割負担の方 ¥11,010-
径4cm以上 3割負担の方 ¥13,080-
  • ※ 料金は全て税別表記です。

FAQ粉瘤(アテローム)のよくある質問

粉瘤の症状はどのようなものですか?
初期の粉瘤は小さなしこりでニキビと勘違いしがちです。大きくなると30cmを超える人も出てきます。細菌感染を起こすと小さなしこりが炎症のため大きくなり、2~3倍の大きさになることもあります。
粉瘤は小さければ自分で潰しても良いですか?
無理やり自分で潰すことはおすすめできません。細菌感染を併発し、痛みを伴うようになる可能性があります。また、粉瘤の袋が周囲と癒着しやすくなり、傷跡が目立ってしまうこともあります。できる限り潰す前に病院で手術されることをおすすめいたします。
粉瘤手術の傷跡は残りますか?
クリニーク福岡天神では傷跡が目立ちにくい施術をご提案しておりますが、全く傷跡が残らないというわけではありません。ご了承ください。
粉瘤が再発する可能性はありますか?
再発することはほぼありません。ただし、まれに粉瘤によっては内容物が全て取り除けない場合があり、その際には再発の可能性があります。
粉瘤手術後の通院はどれくらい必要ですか?
可能であれば翌日受診していただきます。受診が大変な場合は一週間後の抜糸まで通院の必要はありません。
粉瘤手術後に運動は出来ますか?
手術当日の運動はお控えください。翌日以降は手術部位に過度な負担がかからない範囲で軽い運動はかまいません。
粉瘤くり抜き法での治療の注意点はありますか?
患部を縫合しない場合には、完全に穴が塞がるまでに2~3週間ほどかかり、完治に時間を要します。また、大きいものや皮膚が分厚い部分にできていると施術が困難なため、粉瘤の種類によってはくり抜き法が適応できない場合があります。まずはお気軽に一度カウンセリングまでお越しください。

Relation Menu関連施術

保険診療