重度の脇汗(原発性腋窩多汗症)と診断された保険適用でのボトックス注射治療が可能です。
脇汗でお悩みの方はご相談ください。

WHAT IS腋窩多汗症とは

腋窩多汗症とは

腋窩とは、わきの下をいいます。つまり腋窩多汗症(えきかたかんしょう)とは、脇の多汗症のことをいいます。わきの下は、もともと汗腺が多く、さらに精神的要因(緊張やストレスなど)や、気温や運動などの要因によっても影響を受けてとても汗をかきやすい部位です。日本人の局所多汗症で悩む方で、腋窩多汗症に悩んでいるはおよそ半数に達します。
重度の原発性腋窩多汗症のボトックス治療については保険適応がされており、保険診療での治療が可能です。

ボトックス注射治療について

  • 保険適用の診断基準

    原因不明の過剰な局所性の発汗が6ヶ月以上継続していることに加え、以下の6項目のうち2項目以上に該当する場合を原発性腋窩多汗症と診断します。

    両側性かつ左右対称性に多汗がみられる
    多汗によって日常生活に支障をきたしている
    週1回以上の頻度で多汗のエピソードがみられる
    25歳未満で発症した
    家族歴がある
    睡眠中は局所性の発汗が止まっている

    ワキ汗で深刻に悩んでおられる方であれば、大半は保険適応になる可能性があります。

    保険適用の診断基準
  • 保険適応のボトックス注射治療

    ボトックスはボツリヌス菌が作るタンパク質から生成された医薬品であり、ワキの下の皮膚に注射することにより発汗量を減少させることが出来ます。薬の効果は、個人差もありますが通常注射後2、3日で現れ、4~9ヵ月程度効果が持続します。

    発汗抑制効果を維持して多汗症を抑制するためには、4か月以上の間隔で定期的に注射する必要があります。一番汗をききやすくなる夏の前に注射することをお勧めしています。

    保険適応のボトックス注射治療

こんな方におすすめ

  • わき汗がひどくてシャツを何度も着替えないといけない
  • 汗のにおいが気になって人間関係をうまく築けない
  • 汗ジミで人目が気になって勉強や仕事に集中できない
  • 汗がめだつ色の服が着られない
  • 白シャツのわきが黄ばんですぐ買い直さないといけない

施術について

施術時間
約10分程度
施術前の準備
特になし
痛み
注射時にチクリとした痛みがありますが、我慢できる程度です。
ダウンタイム
針を刺した箇所が赤くなることがありますが、殆どの方が当日中には気にならなくなります。
メイク/入浴
施術後すぐに可能ですが、注射部位を強くこすったり、揉んだりはしないでください。

Priceボトックス注射(保険適用)の価格・料金

施術プラン 料金
保険適用(3割負担) 両脇 ¥25,000程度

FAQボトックス注射(保険適用)のよくある質問

ワキ汗で悩んでいますが保険適用で治療できますか?
全てのワキ汗が保険適応というわけではありません。重度の腋窩多汗症(えきかたかんしょう)と診断された場合のみ保険が適応となりますので、クリニーク福岡天神の医師が重度かどうかの診断をいたしますので、ワキ汗でお悩みの場合はご相談ください。
ワキに注射は痛そうで不安ですが、痛くないですか?
痛みは注射の針の刺激感のみです。冷却しながら汗をかく範囲に数十カ所に分けて少量ずつボトックスを注入して活きます。もし痛みに不安がある方はカウンセリングにてお気軽にご相談ください。
ボトックスは安全ですか?
当院で使用しているボトックスは、2002年に米国FDA(アメリカ食品医薬品局)により承認され、また日本でも、2009年に厚生労働省によって製造・販売が承認され、国内でも同じく使用が許可されました。その安全性は確立されています。
自費の多汗症治療の方が結果的には安いですか?
ボトックス注射による発汗抑制効果を維持するためには定期的に注射をする必要がありますので、長い目でみると自費の施術の方が費用対効果が高いと考えることもできます。
クリニーク福岡天神では、ミラドライやビューホット、ウルドライといった多汗症治療もご用意しております。これらは脇の汗腺を破壊して機能を失わせることができますので、半永久的な効果が期待できます。

Relation Menu関連施術

保険診療