お体のコブは粉瘤じゃないですか(・・?

ブログ

こんにちは( *´艸`)
  クリニーク福岡天神でございます。
今回は、
           【身体にできたコブみたいなものって何だろう】

粉瘤(ふんりゅう)についてのブログです。
粉瘤手術におけるくり抜き法についてもお話したいと思っております。
一見ニキビと間違えてしまいそうなできもの粉瘤(ふんりゅう)!!!!( ;∀;)

お悩みの方は是非、クリニーク福岡天神 092-725-1010 までご連絡ください。

そのコブは粉瘤かもしれません。粉瘤(ふんりゅう)は、
垢や皮脂などの老廃物が皮膚の内部にたまることによってできる、良性の腫瘍のことです。
クリニーク福岡天神では経験豊富なドクターによる粉瘤手術(くりぬき法も)を行っております。

従来の方法で粉瘤治療を行うと、かなり目立つ傷が残ってしまいます😿
特に、顔や首の粉瘤を取り除く場合や女性の患者さんの場合、傷はできるかぎり目立たなくしたい!ってなりますよね。
そこで、クリニーク福岡天神では、「くりぬき法」と呼ばれる方法で粉瘤の手術を行っております。

クリニーク福岡天神ではくりぬき法による手術を豊富に手がけています。

くり抜き法 とは特殊なパンチのような道具で粉瘤に小さな穴をあけ、
そこから粉瘤の内容物を絞り出した後に、しぼんだ粉瘤の袋を抜き取る方法がくり抜き法です。
このくりぬき法で手術を行いますと、手術後にもほとんど傷は目立ちません。

粉瘤手術を受けるにあたり、
・『傷跡を残したくない』
・『できるだけ綺麗に仕上げたい』
と思うのは当然のことです。

クリニーク福岡天神では、症状に応じてくり抜き法による治療を提案しております。
くり抜き法の特徴としては、
☆傷跡が小さく
☆目立たなくてすみます。
またくり抜き法は
☆手術時間が非常に短い
☆くりぬき法は負担が少なく傷跡が目立ちにくいなどの利点があります。

粉瘤なのかな”(-“”-)”とお悩みの方はクリニーク福岡天神までお気軽にご相談下さい。
※クリニーク福岡天神にご相談をご希望の方は、お電話(092-725-1010)